アクセス・お問い合わせENGLISH


UTARCセミナー

セミナーのご案内

アーカイブ一覧

001: 相山 康道 助教授
   (筑波大学)
002: 長谷川 泰久 講師
   (筑波大学)
003: 鈴木 健嗣 講師
   (筑波大学)
004: 坪内 孝司 教授
   (筑波大学)
005:眞島 澄子 助教授
   (筑波大学)
006:中内 靖 助教授
   (筑波大学)
007: 磯部 大吾郎 助教授
   (筑波大学)
008:横井一仁
     連携大学院教授
   (産総研・筑波大学)
009:山海嘉之 教授
   (筑波大学)
010:横井浩史 助教授
   (東京大学)
011:三河 正彦 講師
   (筑波大学)
012:塚越秀行 助教授
   (東京工業大学)
013:谷 淳 博士
   (理化学研究所)
014:福井 和広 助教授
   (筑波大学)
015:中谷 一郎  教授
 (宇宙航空研究開発機構)
016:油田 信一  教授
   (筑波大学)
017:木村 武史  助教授
   (筑波大学)
018: 岩城 敏 研究員
   (NTT)
019: 金岡 克弥 講師
   (立命館大学)
020:杉本 旭 教授
   (長岡技術科学大学)
021:田所 諭 教授
   (東北大学)
022:望山 洋 准教授
   (筑波大学)
023:江口 清 准教授
   (筑波大学)
024:山根 克 准教授
   (東京大学)
025:星野 准一 講師,
   益子 宗 氏

   (筑波大学)
   西沢 俊広 氏
   (NEC)
   三宅 美博 准教授
   (東京工業大学)
026:神徳 徹雄
    連携大学院教授

   (産総研・筑波大学)
027:河本 浩明 助授
   (筑波大学)
028:有本 卓 客員教授
   (立命館大学)
029:田中 孝之 准教授
   (北海道大学)
030:田中 文英 准教授
   (筑波大学)
031:Raja Chatila 先生
   (LAAS-CNRS)
032:松本 吉央 先生
   (産業技術総合研究所)
033:上林 清孝 助教
   (筑波大学)
034:広瀬 茂男 教授
   (東京工業大学)
035:竹囲 年延 助教
   (東京工業大学)
036:相山 康道 准教授
   (筑波大学)
037:長谷川 泰久 准教授
   (筑波大学)
038:池俣 吉人 助教
   (筑波大学)
039:高岩 昌弘 准教授
   (岡山大学)
040:佐野 明人 教授
   (名古屋工業大学)
041:小野 栄一 部長
   (国立障害者リハ)


次回のUTARCセミナーのご案内

日時・場所:

第41回UTARCセミナー(UTARC-041)
2012年8月27日(月)17:30〜19:00 ※
3L棟307室


講演題目:


「福祉の観点から、如何に研究を実用的な製品にして普及につなげるか、その試みと施策

講演者:

小野 栄一 部長
国立障害者リハビリテーションセンター 研究所 障害工学研究部


1983年東京工業大学大学院制御工学専攻修了.同年通商産業省繊維高分子材料研究所、93年同省物質工学工業技術研究所、94年より同省電子技術総合研究所併任、2000年同省電子技術総合研究所、01年1月経済産業省産業技術総合研究所、同年4月(独)産業技術総合研究所、08年10月より11年6月まで厚生労働省福祉工学専門官(初代)、10年10月より、現在の所属。大学時代よりロボット研究に従事。「柔軟な布のハンドリングロボットの研究開発」(世界で初めてロボットハンドで積層された布の1枚分離実現など)で、1993年日本機械学会ロボ・メカ部門第1回業績賞、柔軟物のハンドリングの研究から福祉関連につながり、トイレアシスト、車いす装着ロボットアームなどの研究に関わる。厚生労働省に出向後、福祉行政に関わり、より広い観点から支援機器に関わっている。


講演概要:


約18年前から福祉分野にご縁ができ、約4年前に経済産業省下の研究所から、初代の福祉工学専門官として厚生労働省に出向し、支援機器関連の施策立案に関わらせていただいた。現在は国立で唯一の障害者リハビリテーションセンターに所属し、教育・研究・開発・普及に関わっている。本センターには、研究所、病院、訓練施設、医療福祉の専門学校がある。通商産業省時代から、福祉関連で今までに多くの方々のご協力のもと、様々な活動をさせていただき、学ばせていただいた。その多くはユーザに喜ばれるよう、研究を実用的な製品につなげたいと思っての活動である。それら経験を踏まえて施策立案も行った。今までに学んだことや本年7月に公開した本センターの障害者ライフモデルルームの話も含め、話題提供する予定です。

国立障害者リハビリテーションセンター
http://www.rehab.go.jp/
(独)産業技術総合研究所時代に作製したホームページ
http://staff.aist.go.jp/e.ono/

(※) 17:30〜18:00はUTARCメンバーによる話題提供となります。
 今回の話題提供者は坪内孝司教授の予定です。


対象:


筑波大学 大学生・大学院生・教職員
・学内の方は参加自由です.
(次世代ロボット・サイバニクス学域に関連する研究室に限らず,多くの方の参加をお待ちしております.)

・学外の方で,参加ご希望の方は,事務局までご連絡下さい.


協賛 :


最先端サイバニクス研究開発拠点(FIRSTプログラム)


 

UTARCセミナー アーカイブ

本セミナーは、教員間にて互いの研究内容のディスカッションを行うことを目的としております.平成18年度からは、筑波大学内外部の有識者などを招待し、講演会を開催しております.

【バックナンバー】 - セミナーアーカイブ

 

 

 


照会先:〒305-8577つくば市天王台1-1-1 電話 029-853-2111(代表)
Copyright© 2005-2008 筑波大学 大学院システム情報工学研究科 知能機能システム専攻 個人情報の取り扱いについて